へばり子供の保育園
へばり子供の保育園
ホーム > 便秘 > 子供の便秘と腸内環境

子供の便秘と腸内環境

子供の便秘に限らず、便秘は腸内環境の状態と切っても切れない関係にあります。

 

腸内環境は善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌のバランスによって成り立っているということはよくご存知かもしれませんが、このバランスによって腸の働きも良くなったり悪くなったりします。

 

理想なのは善玉菌が優勢の状態であり、そのようなときの腸は活発に働いて便をなるべく速やかに体外へ排出しようとします。

 

また善玉菌の働きによって便の硬さもやわらかくなり出やすくなりますから、こうした理想の腸内環境なら便秘をあまり心配する必要はありません。

 

では、どのようにしてこの理想の腸内環境に近づけることができるのでしょうか?

 

主に2つの方法があります。

 

それがプロバイオティクスとプレバイオティクスです。

 

一文字しか違わないのでまぎらわしい気もしますが、どちらの方法も目的は同じであり、それは腸内の善玉菌を活発にさせることです。

 

プロバイオティクスのほうは、口から乳酸菌などの善玉菌を直接取り込むことで腸内の善玉菌を増やそうとする方法であり、プロバイオティクス機能をもつヨーグルトを摂取することがあげられます。

 

そして、プレバイオティクスのほうは既に腸内に存在している善玉菌のエサとなるものを口からとり入れること活発化しようとする方法です。これについてはオリゴ糖の含まれる食品などがあげられます。

 

どちらも有効な方法ですが、両方を併せて実行するなら、さらに効果を高めることもできます。

 

特にプロバイオティクスによって外から乳酸菌をとり入れても、もともとの腸内環境が整っていない状態だとなかなか定着しないという面があるようです。

 

それで、もともと存在する善玉菌も元気にすることで、相乗効果で腸内環境を改善できるというわけです。幼児の便秘は青汁がおすすめ